ぜろたーみなる

日記とか何とか

見えたっ

ある人のプロフィール欄にゲームをつくろうと頑張ってるって書いてあって

 

それをみた時、まぁこの人ならやってのけるだろうと思ったわけです。

 

世渡りがうまく、楽器を演奏できてボーカルでライブとかやれちゃって。

 

多分やろうと思ってやらないことは一つもない系な人だと思ってます。

 

で、そのプロフィールをみた時思ったわけです。

自分はこれまで全てから逃げてきたなぁと。

 

自分の好きなことややりたいことからも逃げてしまえられるくらい移り気で。

 

だからいろんなことをやってはみたんですけどやっぱり全部ダメなんですよね、暗闇。

 

全ての道がある点で途切れている感じがするんですよね。

 

でもまぁ、鬱とかはならないんですよね、逃げられるので。

 

最近は到達したい点もないような気がしてるので後はゆっくりできればいいかなと。

 

出来れば絵は上手くなりたいけど、それも多分無理ですね。

 

成長を感じないので。

すまほのつぎ

携帯電話とパソコンを組み合わせて、具合のいいタッチパネルつけたらすごいもんできた!ってスマホが出てきました。

 

就活の時とかよく、スマートフォンをいつかは次のものがってよく言われてましたが、僕はスマホは到達点の一つだと思ってたんです。

 

理由は人がどこかに行くのに財布とスマホがあればいいってなっていて、持ち運びたいものがもうないからです。

 

仮に次に進化するとしたら、服になるか、移動手段として使えるか、住めるかになると思うのでもうないなと。

 

でもそう、服になるはありそうなんですよね。

ウェアラブルは失敗してますけどスマートウェアから始めて最後は持ち運ぶ必要がなくなるみたいなことにはなりそうだなと。

 

そうなったらブティックアプリみたいなの作ってるとかが大きくなるんではないか。

 

なんてね。

名言ツクルノスキ

寝る前に名言作るの好き

 

作ったやつ置いていこう

 

- 人生の分岐点とは確定した未来である。

  可能性とは人生を確定した未来の数で割った値である。

 

無限って言わないところがカッコいい。

 

- 維持と革新は共に善悪のない中立だが、それらは反転している。

 

現状維持してるラスボスと革命する主人公が相対するシーン

 

- 最も簡単な自分の宣伝方法は恥をかくことだ

 

恥をかくことは自分の力量を簡単に相手に伝えられる。しかも忘れずらく、拡散されやすい。

 

 

学歴フィルター

最近のトレンド…ではないけれど

学歴フィルターが復活し始めてるらしい。

 

この記事を見つけた時、学歴フィルターなんていうのは不要だと大した大学を出てない僕は思っていた。

 

ちょっと考えてみたらなんかそんなに不要でもない気がしてきたのでそれについて。

 

まず不要だと思うのは

欲しい人材を選べる立場なら、必要な能力があるかを聞けば良い。

技術的なことであればいくつかの質問で大体はわかるはずだ。(新卒採用ならなおさら)

 

コミュニケーション能力については、初期能力なんてどうでもいいと思うし、そもそも相手のコミュニケーション能力がどれくらいか把握できない面接官はコミュニケーション能力が無いと思うのでそんな人が人材の表に立ってるなら誰が入ろうと問題はないはず。

 

まぁなんにせよ、どんな人が欲しいか理解していれば学歴フィルターなんてものは必要ないだろう。

 

で、不要じゃないかもなところは

学歴信者が社内でカースト制度を導入してしまうことを防ぐため学歴フィルターを使うのは有効だと思うからだ。

 

社内でなにかしらの差別が発生してしまうと社内の空気感がわるくなり悪影響が出てしまうと思われるので、それを避けるためにフィルターを使って一定水準にすることは有効だろう。

 

まぁまさか上限を設けるわけないので劣等感のない範囲にフィルターを設けるとほとんど人は取れないだろうけど。

 

そんな感じ

思考の霧

 

人の話を聞いているだけだとなにも考える必要がないと脳が判断してダメになるな。

 

本日はそんな日でした。

 

意見を出せない長時間会議は見えない疲労が押し寄せてくる。

 

しかも意見を出すような感じではない、百ます計算の答え合わせのような会議は本当に悲惨。

 

別にそこまで強く思ってはないけど。

 

それだけ

今日は特に話題がないのでダイジェスト

 

•やっぱり賢い親は賢い育て方をしてる

 完成品じゃなくてパーツを組み合わせるおもちゃしか与えてないらしい。

いい父親だ、素晴らしい。

 

•地下鉄のホームから地上に向かう時出来るだけ力を抜いて歩くと後ろから襲われるんじゃないかとドキドキ出来る。生への依存を感じる。

 

•人の言葉は内容の正しさよりもこれまでの経歴を重視する。

時間をかけた、立ってる地位、かけてない、持ってないものには完全な批判が難しい

 

絞り出すのはやめよう。

 

サブスクリプション型自由、月額10万

今日は自分の考えのなにかが掌返ししてウキウキしてたんですけど忘れました。

 

掌返すのは自己矛盾が発生しているのでバカにされがちですけど、過去の自分の考えを更新してるわけで掌返すことはいいことだと思うのです。

 

掌返しのメリット!

1.これまでの間違えた考え方を是正できる!

2.自分はすでに一度その真理に辿り着いていたことにポテンシャルを感じられる!

 

なんて素晴らしいんだ…

だいたいのプロがある程度行くと初心を思い出せっていうのも言っちゃえば掌返すことなので、掌返しはやるべきってことです。

 

タイトル書いた時には一人暮らしの素晴らしさを書こうと思っていたのに…

 

ここまで。